ゴジラ、ラジオ、音源

”ゴジラみたいな映画を作る映画監督になりたい!”
幼稚園の卒園文集に書いた当時の私の夢でした。
幼稚園生のときに連れて行ってもらったゴジラの映画に感動して自分でもいつか作ってみたいと思ったのだと思います。
当時、新所沢のパルコ内にあった映画館に見に行った時のことを何となくですが今でも覚えているくらいです。
それ以来にゴジラ見てきました。今回は新しいハリウッドバージョンで。

godzila.jpg

リアリティーとかそういうのはおいといてなかなか楽しめました。ある意味人間ってこんなの作れるんだっていう想像力への感動は幼稚園の時と同じだったかもしれません。ハリウッドの技術と予算ですごい規模のゴジラです。

昔見た時は、核のことことかそういうゴジラに込められたメッセージは知らなかったのですが(そりゃ幼稚園児にはわからないのですが)、そういうメッセージも見る人に伝わりつつ、大衆が楽しめるという日本発のゴジラの60年愛される魅力にまた魅せられて嬉しかったです。
人間たちがとても無力な存在として描かれていて、原発、核兵器などをとても自分たちの力にはとてもコントロールできないものをどんどん増やしている愚かさや、津波など人間が全くコントロールできないものに対した時の無力さ、そんな現在の世界の描写のような状態を子供にもわかるように描写していると思います。

--------------------

核兵器、戦争、力で相手を威圧、攻撃して恐れさせ一見平和にみえる状態を作り出すためのものだと思います。
いまの世界はそういう意味でまったく平和とはほど遠いものだとおもっています。
本当に平和を得る方法は、”戦うことを捨てる”ことだと信じています。
今回の集団的自衛権の問題、政治に関して全くの素人の私から見ても明かにおかしいと思います。
総理の憲法の”解釈”で国の60年守って来た方針が全く変わってしまうなんて全く許されるものではないです。本当に大事なことはそんなにセコい”逃げるが勝ち”のようなやり方を使わないで、立憲国家としての正規の手順を踏んで行うというのは中学校に社会の時間に習う内容ではないでしょうか? 
日本は平和憲法を持っている世界の中でもとても”孤高な”国だとおもいます。本当の平和に近づくための世界人として戦後に貴重な一歩を踏み出すチャンスを得ることのできた国民だと思います。
それなのにこのせっかくの素晴らしい憲法をこんなに簡単にも捨ててしまうのを許せないのです。

アメリカでは年に何度も銃乱射事件も起こり、銃の規制がとても問題になっています。そこで引き合いに出されるのが日本の安全さです。日本は一般に銃の所持が全面的に禁止されているのでアメリカに比べで銃の問題は比較にならないぐらい少ない訳で銃規制賛成派にはとてもいい例として紹介されています。
そこで一方、銃所持擁護派の意見はというと、”銃を持たないで、もっている人からどうやって身を守るの?”という意見です。力には力で対抗するというアメリカ政府の今までと同じやり方です。まったく今の安倍総理の論調と変わらないと思います。

力に力で対抗には終わりがありません、常に相手は強い武器を開発してきます。もちろんそういう競争は”経済効果”を産みそれで政治を操る一部の企業、裕福層には都合が良いものなのでしょうが。
私は、ミュージシャンです。夢を届ける仕事だと思ってます。
まだ方法は明確にはわからないけど、考えが全くそぐわない人とでも力を使わないで平和に近づける方法を考えたいし、夢見ていきたいと思います。
これからももっと勉強してつねに考えて自分にできることを積極的に行動に移していこうと思います。

--------------------

ところで、インターネットラジオに出演させていただきました。
裸足ランニングや人生について日本語でおしゃべりしてます。良かったら聞いてみてください。
自宅でのライブ音源もきけますよ。
人生は火曜日

--------------------

そしてこちらは5月のトリオでのライブの音源です。この夜の模様をスタンダードの曲を除き全曲アップしてます。お楽しみいただければ嬉しいです。

読んでいただきありがとうございます。
また次回お会いしましょう!

ユーオーユー、走る、トリオ

今日は母の日、快晴で暑いぐらいの気持ちよい天気です!
前回の公約通り、先月末にあったUoUでのNY初ライブのことを一筆。

Queens Jazz Overgroundという団体とクイーンズ地区が主催するジャズフェスに出演してきました。なんとこのイベントのためにサックスの山田拓児が日本から飛んで来てくれました。残念ながら、UoUの正式メンバーのあとの2人は今回来られなかったのですが、その代打にピアノの百々徹さん、ドラムにアンソニー、リーを迎えてのNYスペシャルバージョンでの演奏。

一曲目はお風呂ソングから。何組ものハードコアなジャズバンドが出るイベントの中であの私の間抜けなメロディーをしょっぱなから思い切り弾くのは何とも楽しかった。拓児も久しぶりのNYでの演奏に気合いが入っててよかったし、百々さんも、アンソニー、久里子のリズムセクションもUoUサウンドに新たな風を吹き込んでくれました。

何よりお客さんの反応もすごく良くて楽しんでくれてたのがとても嬉しかった。本当にあっと言う間に時間はすぎてしまい、最後の一曲は時間切れでカット!またぜひやりたいです。数あるバンドの中で自分たちの良い個性を確認できて、確実に自分たちにしかできないとても特別なサウンドがあるという自信にもなり、これから進んでいく方向性がより明確になった気がします。アメリカで音楽をやっていて、自分は日本人だということに多少なりとも劣等感をもった時期もあったのですが、今回は自分たち日本人でよかったな、日本人って素敵じゃん。と再実感できました。結局カッコつけず素直に自分らしくってことですよね。
↓はその時の動画です。短いですが雰囲気は少しは伝わるかと。

ところでようやく冬も終わったのでまた例のサンダル、ワラーチでランニングも再開してます。自宅から下のフラッシングメドウまで行って帰ってくるのがお気に入りのコースです。だいたい10キロぐらい。最近走っているとなんか自分は宇宙や地球や他人と一つだという実感が湧く気がする時が多々あります。みんなもっと走れば世界はもっと平和になるんじゃないでしょうか?とりあえずランニング楽しんでます。

flushingmedow.jpg

脱線しましたが、先週には自分のトリオでのライブがKitanoでありました。
NYでのライブいつも集客には頭を悩ませられるのですが、今回は本当にたくさんのお客さんに囲まれ、盛り上げていただいて、本当にかけがえの無い、本当に楽しく充実した時間を過ごせました。来てくださった皆様ありがとうございます!ここ3年ぐらい一緒にやっている久里子とアンソニーとの音楽は本当に自分にとって特別でかけがえの無いものです。

ギタートリオでショウをやるというのは、自分にとってなかなかチャレンジングなことなのですが今回の演奏、お客さんの反応、感触からとても得たものが大きく、収穫の多い夜でした。せっかくの機会なのでこのライブ、ビデオにとってみなさまに披露しようかと思ってたのですが、私の凡ミスでカメラがずれててて、私が全く映って無い失敗ビデオにおわりました。ただライブ音源は録音できているので何らかの形で少しでも皆様にお届けしたいと思っています。乞うご期待ください。

kitano.jpg

そんなわけで素敵な仲間に囲まれて、充実した音楽生活を送れていることにとても感謝している今日この頃です。

いつもブログ読んでいただきありがとうございます。
それではまた次回のブログ更新をお楽しみに!

春、Trio、ライブ!

こんにちは、NYはようやく長い冬が終わり暖かくなってきもちいい気候です。
先月末にはUoUのNYライブなどいろいろありました。が、それは後日また書くとして。
今日は取り急ぎ宣伝です!

明日、5月8日に阿部大輔トリオのライブがあります!
NYにおられる皆様ぜひお越しください!
とても素敵な夜になると思います。楽しみです。

kitano6.jpg

それではまた近日中にブログ書きますね。

こら!泥棒、ライブ、雲の上

もう3月ようやく春の兆しが見えてきたNYです。
今年の冬は寒く、長かった。

1月にはなんと人生で初めて泥棒に入られました!
こら!こんな貧乏ミュージシャンからこの上ものを取るでない!と説教したくもなりますね。
大事に使ってたカメラもレンズもない!

まーでも幸い在宅中でなかったし、心も体も健康で何よりでした。
パソコンもカメラもも所詮また買える物です。
大丈夫と強がってみても、経済的にもちょっとピンチ!
結構トラウマも地味に残るものですね。
道行く人々がみんな怪しく見えたり、家を空けるのが怖くなったり、なんとも人を疑ってしまうのは悲しいものです。

そんな中、とても充実した久しぶりのリーダーライブも2本ありました。

DaiKuri1s_s.jpg

一本目はKitanoにてNY初のソロライブ。 結局空いていた久里子も来てたくさん弾いてくれたのでほぼデュオライブになったけど、とても楽しかったし音楽に心を癒された夜でした。今まであまり取り組んでこなかったソロももっとやっていこうと思います。

そしてその一週間後にはトリオのライブ。
が、その前に実は妹の結婚式で4日だけ日本に帰ってました。こんなに短い滞在は初めて。
日本行きのシベリア上空では飛行機からものすごいオーロラが見えた!人生初。

こりゃついてるはと思っていたら、
日本についてとても嬉しいサプライズが!
義姉夫婦のお宅で夕飯後、なんとその義姉夫婦からニコンの一眼レフをプレゼントしていただきました!

しかも望遠レンズにケースまで。カメラを盗まれ写真はしばらく我慢かなと思っていたので夢のようで本当にありがたかった。なにより自分のことをそんなに大事に思ってくれてることに感動しました。
大切にします。そして、皆さんに喜んでいただけるような写真をとりますとも。

次の日は自分の実家に帰省、そして翌日は妹の結婚式。
IMG_5330_2.jpg

この日はカメラマンを頼まれていたので、妹のキヤノンのと、いただいたばかりのニコンの一眼レフ2台体制で望む。撮りまくりました。あとは久里子とデュオでの演奏も3曲ほど。大忙しでしたが、妹の人生の新たなスタートに立ち会えて本当に嬉しかった。家族、親戚との貴重な時間でした。
次の日はまた久里子の実家の千葉に移動し、その翌日の朝のフライトでまたNYへ。あっという間。
そしてついた日の夜はKitanoのジャムセッションのハウスバンドをやり数日後は楽しみにしていたBar Next Doorでのトリオでのライブ。

1939083_10202929007361276_1457486996_o.jpg

久しぶりのアンソニーとの演奏。やっぱ楽しい。これからもどんどんやっていこうと思う。零下10度の中来てくださったお客様に感謝です。次回のこのトリオの演奏は5月8日にKitanoで決まってます。みなさんぜひNYに飛んできてください!

最後に、先日自分の参加したアルバムが発売になりました。1年前ほど前の夏にオハイオにツアーに行ったバンドでそのツアー後に録音したものでようやく日の目をみました。ちなみに4人のメンバーのうち3人はオハイオ出身。

バンド名は、Oh-Jaです。 OH(オハイオ)+Ja(ジャパン、私)。。

Oh_Ja.jpeg

ダウンロードのみの販売ですが良かったらぜひ聞いてみてください。特にCDbabyだとたった$5ですよ!

CD baby
itunes
amazon

このアルバムには一曲私の曲も入っています。

Above the Cloudという曲、雲の上ですね。

毎回飛行機にのって雲の中にいると周りは何も見えないし不安ですよね。でもいつも雲の上には夢のような美しい世界が待っている。最近いろいろ雲の中にいるような気持ちのときもありますが、雲の上の景色を楽しみに進んでいこうと思います。そんな思いで名付けました。

それではまた次回をお楽しみに!
ライブ写真撮影提供:岩切天平さん ありがとうございました!

年男、イグナシオ、マドンナ

みなさま明けましておめでとうございます。
2014年初日記です。

日本から戻ってからとても寒く雪、雨が多く、あまり太陽の出ない、なんかモヤのかかったような天気が多いこの冬のNYです。
そんな天気ですが、今年は私、午年という事で年男なので馬のように飛躍したいと思っています。
皆様なにとぞ応援よろしくお願いします!

IMG_1772.jpg

といいいつつ、実はこの1月は近年稀に経験する優雅な(言い換えると、仕事がとても少なく暇な)月となっています。
フリーランスで働くものにとって休みはありすぎるととても不安になる物です。まー生活に余裕があれば旅行にでも行ったり優雅に過ごせるかもしれないのですが、残念ながらそんな状況ににはほど遠い私。こんな時はタダでできるランニングでもと思いますが、外はあいにくのお天気が続きます。

思えばボストンの大学を卒業後NYに移って来たのは前回の年男の年です。
今年でNYフリーランスミュージシャン生活12年。思えば最初はほぼ知り合いもいなく、仕事も全くなかった時から徐々にずいぶん知り合いは沢山増え、仕事も増え、奇跡的に今までやってこれています。

今もですが、昔はもっともっと貧乏でした。一時期は週の食費は$10と決めてたり。週の食費1000円ですよ、いったい私は何食べてたのでしょうか? 不安な時も多々あったし、かなりピンチな状況にあったがなぜが奇跡的に仕事が入って乗り切れたり本当に何かに守られているとしか思えない経験も何度もしています。これからもきっと何とかなる。皆様の応援も沢山いただいてるし。

ということで、練習して、曲作って、その他の勉強して、今後の対策を練ってます。そうしてたら仕事の電話は来たりしてちょっとホッとしたり。そんなミュージシャン生活です。
そんな中、昨日は友人ドラマーのピートに誘われ、家のすごく近くにあるライブをやっているお店、Terraza 7にドラマーのイグナシオ・ベロアを見に行ってきました。
このお店家から歩いて10分以内にあるお店。ラテン系のライブを中心にやってる小さなお店です。
演奏はというと、

IMG_1785.jpg

ぶっ飛びました!

実ははずかしながらこのイグナシオさんのことをよく知らなかったのですが、80年代からディジーガレスピーのバンドで活躍していた方で、BlueNoteからリーダーアルバムも出しているマスターでした。前からラテンの深さと自分の理解を超えるリズムには尊敬の念を感じていましたが、このイグナシオさん、ラテン、そしてジャズもバッチリでその全ての要素がよどみなく融合して湧き出てくる演奏で音もめちゃくちゃ綺麗でシビレました。あまりに良かったので今日もYouTubeにあがってる彼のドラム教則ビデオを見て一から勉強はじめました。本当にすごい人は一音聞いたらやはり凄いのだと実感。やはり練習あるのみ。
そして彼は彼の母国のキューバの音楽を本当に良く知っている、自分ももっと日本の音楽をいろいろ知りたいと思わさせてくれました。ちなみにそんな巨匠の素晴らしいライブがなんと$7! 素晴らしい夜でした。

そして今日は午前中からマンハッタンのタイムズスクエアの辺りにある、ミュージックビルディングに友人とセッションしてきました。このビル、実は私がNYで始めてセッションをした思い出の場所です。

まだボストンに住んでいた私は、一足先に移り住んでいた今は亡き親友の高道ハルさんを訪ねてNYに遊びに来て、そのハルさんに誘ってもらってNY初セッションは実現したのでした。ちなみにメンバーはRodriguez Brothers, Haru Takamichi, Pete Zimmerというメンツ。とりあえずみんな巧いし、NYの香りにドキドキ緊張したよい思い出です。

↓の写真のような内装。昔はもっと汚かった。

IMG_1787.jpg

ここで今日仕入れたトリビア。
この写真は今日セッションした部屋の隣の部屋の扉なのですがなんとあの、マドンナがまだ全く売れてないときにこの部屋に住んでいた!との事。ここ雑居ビルでトイレも共同だし、汚いし(昔はきっともっと汚かったであろう)、ヤバいひと多いし、絶対すみたくありません。シャワーもないのでトイレの流しで頭洗ってたと彼女のドキュメンタリーで語っていたそうです。いやいや、スターにもそんな時代があったんだと思うと元気が湧いて来ますね!

そんな感じで今年も頑張ります!

ツアー後記、紅色、そしてメリークリスマス。

クリスマスですね!

IMG_1735.jpg

IMG_1755.jpg

早いもので日本ツアーが終了後もう一月近くったってしまいました。おかげさまで今回の日本ツアー、沢山の皆様に暖かく応援していただきとても充実した最高に良い時間でした。
ライブに来ていただいた方々、応援くださったみなさまどうもありがとうございました!

こちらは寒いNYに戻って今回は時差ぼけと戦うのではなく、仲良くしながらのんびりNYの生活にゆったりともどりました。幸いNYにもどっても暇かと思っていた12月も仕事がいろいろ入ってありがたいかぎりです。先週末はロングアイランドのワイナリーで上の写真のツリーの横で、クリスマスソングをお腹いっぱい演奏してクリスマス気分を満喫。
遅くなりましたが、日本ツアーのレポートも含めまたのんびりとブログ更新して行こうと思います。

早速ベースの津川久里子のブログにはツアーの模様がアップされてます。是非そちらもご覧くださいね。

久里子と同じようなツアーレポートでは面白くないので自分なりの切り口でということで今日は”色”特に”紅色”をモチーフにお送りします。

UoUツアー初日のlife Timeの横の庭にて。徳川慶喜が明治維新後隠居していた所です。一年ぶりのこのバンドでの演奏みんな毎回ちょっとずついい意味で変わっているのが感じられて嬉しい。東京での公演は、お茶の水、吉祥寺と両日満員御礼で感激でした。みなさんこれからも応援よろしくお願いします!

PB051591.jpg

今回の東北ツアーは多忙な拓児抜きでの4人編成多少チャレンジングではありましたが演奏も、移動も本当に楽しくてあっという間に終わってしまった。東北は初日から吹雪に見舞われましたがの東北の人々もあたたかく、食べ物もおいしく心はほくほくでした。下の写真は今回のツアー最北の初の秋田市の赤提灯にて。ツアー中毎晩飲みまくった(というか一年中か?)二本松、飲み過ぎ注意!

PB131874.jpg

今回の日本ツアーなんと言っても各地で紅葉が美しかった。

PB262763.jpg

ずっと行ってみたかった宮島にて。

PB252696.jpg

鳥居!

PB252554.jpg

お寺と神社が混在する神の島。

PB252689.jpg

行ってよかった!

PB262802.jpg

後半の久里子とのデュオでのツアーも演奏も2人でとても成長できたと思うし、初めての九州、広島も行けたしとても実りある幸せなツアーでした。

PB252563.jpg

ツアーの閉めは以前からジャズフェスでもお世話になっている上田で。

PB302999_1.jpg

今回は食も充実してました。お好み焼き好きです。今回広島で2回大阪で1回行っちゃいました。

PB252421.jpg

どこも個性がありうまい。

IMG_1690.jpg

大阪では日本一うまい焼き肉も。

PB272901.jpg

今回のツアーでは、家族の絆もより深く感じられました。母の故郷である九州の佐賀を始め、福岡、佐世保と各地で久しく会っていなかった親戚にあったり、初めて会うその彼らの家族にも会う事ができ、どんどん家族が広がって行くのが感じられ感慨深い物がありました。
そして今回また新たに家族が増えました。
義弟の結婚式にて。おめでとう!

PB081687.jpg

帰国の前日は千葉の香取神宮へ。
こちらもとても素敵なパワースポット。

PC023108.jpg

旅の最後にさらにパワーをもらいました。

PC023107.jpg

ここでも紅葉が最高!

PC023065.jpg

そんな感じの”紅色”尽くしでした。
また違った感じでツアーレポートしてみたいと思います。次回をお楽しみに!
みなさま読んでいただきありがとうございます。
よいクリスマス、そして年末をお過ごしください!

メリークリスマス、わん!

IMG_1722.jpg

UoUツアー終了!今日から阿部大輔&津川久里子デュオツアー

UoUツアー終了しました!各地で皆様の応援最高でした。こちらも一年ぶりのこのバンドでの演奏毎日とても楽しくあっという間に楽しい時間は過ぎていきました。各地で暖かい人々との触れ合い、美しい風景、おいしい食べ物と個人的にも大変満喫させていただきました。

DSC_4722.jpg

休む日もあまりなく、今日からは、

阿部大輔&津川久里子 デュオ ツアー

です。初の九州、広島にも行きます。
みなさん是非ライブを聴きに入らしてください!

11月20日(水)
横浜市Bar en
阿部大輔&津川久里子 デュオ(予約制)
神奈川県横浜市中区元町4-180 B1
TEL : 045-662-0802

11月22日(金)
福岡Back Stage
小森陽子、阿部大輔、津川久里子 トリオ
福岡市中央区大名2-4-31 平子ビル1F
TEL:092-712-2828

11月23日(土)
佐賀さてんどーる
阿部大輔、小森陽子、津川久里子 トリオ

11月24日(日)
佐世保 音食亭 Brownie
佐世保市京坪町 4-3 Tel 0956-25-4777
Open 19:30 Start 20:00
¥2,500 ※アフターセッションあり

11月26日(火)
広島Bird
阿部大輔&津川久里子 デュオ
広島県広島市中区薬研堀10-11ハウスアピアB1
TEL:082-241-6906

11月28日(木)
大阪SUB JAZZ
長谷川朗(sax),阿部大輔(gt),津川久里子(bass) 
大阪府大阪市中央区上汐2-4-6 上六センタービル B1F
TEL:06-6762-3226

11月30日(土)
長野上田 Rin’s Coffee
長野県上田市中央1-1-22
15:30 open/16:00 start
charge: 2,000円(ドリンク付)
LIVE: 16:00~ 白石才三(g) マーテル(vo,b)
17:00~ 阿部大輔(g) 津川久里子(b)
要予約
お問い合わせ
インマイライフプロダクション
info@inmylife-pro.com
0268-22-1503
ではいってきます!

NYの秋、ワラーチ、なにより日本ツアー!

皆さん、こんにちは!
NYはもう肌寒くすっかり秋です。
私、最近はずっと続けているランニングの成果かとても元気です。
来月11月には一年ぶりに日本に帰って演奏できるのでとても楽しみです!
近況ですが、

BORN TO RUN

という本を読んで以来、影響されて始めたワラーチというサンダルでのランニングにはまってます。

IMG_1022.jpg
↑こんな感じです。

走ってると、”なんたこいつ?”とちょっと変わり者にみられる事もありますが、気にしないのです。これを始めてからそれまで悩まされていら膝の痛み等の故障から解放され、とても童心に帰ったような気持ちで走るのがとても楽しくて、生き方などいろいろな面で開眼してしまった気分です。BORN TO RUN日本語版も出てるようなので是非読んでみてください。きっと走りたくなります。

ところで、前回の日記以来仕事は大丈夫か?と心配いただいているかたがたもおられるようで大変ありがたいのですが、その後仕事の方でも別の扉も開きなんとかなっています。多くの人に守られて、助けられて、なんとか生活できているという事にあらためて感謝しています。

uoutour2013_final.jpg

ところで来月いよいよ日本ツアーです!
前半は、UoUで東京、静岡、名古屋、そして東北に行きます。
一年ぶりのこのバンドでの演奏とても楽しみですし、パワーアップした我々の演奏をお届けしたいと思っています。新曲も用意しているのでお楽しみに!
そして、後半は津川久里子と小森陽子のトリオで人生初の九州、福岡そして、母の故郷佐賀にも行きます、その後は津川久里子とのデュオでこれも初の広島、そして大阪、その後は長野上田にも行く予定です。

この滅多にない機会ぜひ多くの方に聞きに来ていただけたら嬉しいです。
各地で皆様にお会いできるのをとても楽しみにしています。気合いの入った音をお届けします。
皆様応援なにとぞよろしくお願いします!

日本ツアー日程
UoU : 阿部大輔(Guitar), 山田拓児(sax), 小森陽子(piano), 津川久里子(bass), 二本松義史(drums) 
※山田拓児は5, 7, 8日のみの出演となります。

11月5日(火)静岡Life Time
静岡市葵区紺屋町11-1(浮月楼内)
TEL:054-250-0131

11月6日(水)
愛知県名古屋市スターアイズ
名古屋市千種区菊坂町3-4-1 Gハウスビル1F
TEL:052-763-2636

11月7日(木)
御茶ノ水NARU
東京都千代田区神田駿河台2-1 十字屋ビルB1
TEL:03-3291-2321
1st set 19:30~ 2nd set 21:00~ 3rd set 22:30~

11月8日(金)
吉祥寺サムタイム
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-31 B1F
TEL: 0422-21-6336

11月12日(火)
山形県山形市オクテット
山形県山形市幸町5-8
TEL:023-642-3805

11月13日(水)
秋田県秋田市THE CAT WALK
秋田県秋田市大町3-4-11ハイクリエイトNKビルB1
TEL:018-865-6699

11月14日(木)
秋田県にかほ市リラクシン
秋田県にかほ市平沢字旭町66
TEL:018-844-4343

11月15日(金)
仙台 Jazz Me Blues Nola
仙台市青葉区錦町1丁目5-1ノーバル・ビル1階
TEL:022-398-6088

11月17日(日)
千葉県成田市 CLOUD 9
千葉県成田市上町556-1五番幹ビル2F
TEL:0476-22-2532

11月20日(水)
横浜市Bar en
阿部大輔&津川久里子 デュオ(予約制)
神奈川県横浜市中区元町4-180 B1
TEL : 045-662-0802

11月22日(金)
福岡Back Stage
小森陽子、阿部大輔、津川久里子 トリオ
福岡市中央区大名2-4-31 平子ビル1F
TEL:092-712-2828

11月23日(土)
佐賀さてんどーる
阿部大輔、小森陽子、津川久里子 トリオ

11月26日(火)
広島Bird
阿部大輔&津川久里子 デュオ
広島県広島市中区薬研堀10-11ハウスアピアB1
TEL:082-241-6906

11月28日(木)
大阪SUB JAZZ
長谷川朗(sax),阿部大輔(gt),津川久里子(bass) 
大阪府大阪市中央区上汐2-4-6 上六センタービル B1F
TEL:06-6762-3226

11月30日(土)
長野上田(詳細は後ほど)

それではまた次回をお楽しみに!

CD、55、ビックリ事件!

みなさま、ご無沙汰しています!
NYはすっかり夏で熱い日が続きます。
最近も幸い元気にやっているのですが、昨日は久しぶりに唖然とした出来事があったのでブログに書いてみようと思います。
その前に近況を。

最近出た、私参加のCDのお知らせです。

COALESCENCEというグループでの初CDで全曲ギターで参加、そして曲も一曲提供しています。

COALESCENCE.jpg

メロディアスでちょっと切ない青春の香りのする音楽です。

CD Baby, Amazon, iTunes

でご購入いただけます。是非聞いてみてください!

今週月曜は、久々にIris Ornigのバンドで55barで演奏してきました。SaxのJaleel Shawとはもうかれこれ7、8年ぶりの演奏で楽しくて嬉しかったです。ちなみにUoUのTake the 7 Trainに入っているJaliという曲はそのJaleelにちなんだ曲です。

IMG_1685_filtered.jpg

そんな感じでいい週の始まりで、火曜も仕事して、

ここからがビックリの始まり。

水曜は、ここ2年半ほど自分のトリオでレギュラーでしているSprigでの演奏。
その日は、貸し切りパーティーだったのですが、どうやらそのパーティーは元NY州知事でスキャンダルで退任したエリオット・スピッツァーの政界復帰へ向けてのキャンペーンのためのパーティーだったよう。本人も報道人らに囲まれ登場、まー私は選挙権もないし彼に興味も特にないのでいつものように演奏を楽しみました。

ところでその日、最近会っていなかったレストランのマーネージャーから『話があるから来て』とのことで話を聞いてみると、どうやらそのSprigがいろいろ問題があり店を閉めるとのこと。
『演奏は来週までで終りね。』
ということで事実上の解雇宣言。

最近レストランも景気が悪そうだとは感じていたし、いつか来るとは思っていましたがとうとう来ました。
毎週水、木のレギュラーの仕事が無くなるのは痛い、しかも夫婦で同じバンドで働いているので収入減のダブルパンチ!フリーランスのミュージシャンとして活動してもう11年こういうことは何度か経験し、覚悟もできてるのですがいざ現実となるとこの先の生活にちょっと不安がかすめます。
まー生活はどうにかするしかないので、あと次の日の木曜、そして来週の2日間、感謝をこめて楽しんで演奏しようと思っていました。

そして次の日(昨日)、せっかくだからできたばかりの新曲試そうかなとか、バンド3人で呑気に仕事場にいくと。
暗い。。んっ、店にだれもいない!
嫌な予感。。

そこでビルの警備のおじさん一言、
”Sprig doesn’t exist anymore.”  
直訳『スプリグはもうそこに存在しない』

えっ!

『今日の6時以降はもう入っちゃだめだから今のうちに荷物全部もって行きなさい。』
とのこと。

混乱しつつも、お店においてあった自分のアンプと譜面台をとりにいく。
アンプの置いてあるキッチンのドアの前には一人警備員が立っている。
アンプを取りに来たというと扉を開けてくれた。その警備員によるとどうやらSprigは今日、破産宣告をしたとのこと。

荷物をまとめたあとは3人で呆然とミーティング。店の内情に詳しいドラムのアンソニーの話では、いろいろなお店の暴露話を聞く。どうやら私のような呑気でお気楽なミュージシャンはまったく想像していなかった、政治、いろいろな汚れた、醜い欲、嘘、そして争いがあったらしい。
お店のマネージャーに電話するが、あとでかけ直すと言われ電話を切られた。
たぶん予約していたのか、お客さんも入り口付近で戸惑っている。

そこで警備員そのお客さんに向かって再び、

”Sprig doesn’t exist.”  
直訳『スプリグはそこに存在しない』

そうかもう存在しないんだ。。

アンソニーに聞かれる。
『昨日もらったチェック(小切手)はもう現金にした?』

私、『まだ。。やばい!』
ということでもう銀行はしまっているのでATMに走り自分の口座にいれる、そして不渡りにならないことを祈る。

そんなわけでまーしょうがないので家へ帰ることにする。
最後にいつもは無愛想で感じの良くない警備の人に、
『いつも音楽とても楽しんでたよ。』
と言ってくれてなんか救われた気持ちになった。

そんな感じでSprigでの2年半のレギュラーギグはTVドラマのように突然の終焉を迎えました。
久里子と、アンソニーで週3日そしてここ2ヶ月間は週2日演奏する場があったのは本当にありがたいことだったと思います。

”When one door closes… Another one opens”
『一つの扉が閉じるとき、もう一つの扉が開く』

ということでこれからの活動の扉をじゃんじゃん切り開いていこうと思います。
皆さん仕事ください!!
最後にこの今では貴重となったSprigでの演奏をお楽しみください!

ランニング、レビュー、エンペラー、インド料理

皆さんこんにちは!
もうすぐ4月、NYもようやく春の訪れを感じる今日です。
気がつけば久々今年の初日記です。

ブログ書かないと、ちゃんと生きてるのかと心配されることもあるのですが、私はとても元気です。
というのも10月ぐらいからふと思い立って始めたランニングにハマっていてよく走って、それ以上に昔からカチカチだった体を柔らかくしようとストレッチに精を出しています。
走って体を痛めないためにも体の柔軟性がとても大事だと多少の故障を経て感じています。

体を動かすようになって長い時間の演奏でも全然疲れなくなって、肌も綺麗に頭もスッキリしてこりゃおすすめです。体がやわらかくなったら演奏もさらにリラックスできるような予感もします。
なんてカッコイイこといってますが、アメリカの医療費は日本とは比べ物にならないぐらい高いので貧乏ミュージシャンはおちおち病気にはなってはおれないのです。健康第一で頑張ります。

そんな話はおいといて、1月に発売になった我らがUoU(ユーオーユー)の2作目好評発売中です。
聞いてくださった方本当にありがとうございます!まだの方是非聞いてくださいね。とりあえず聞いてくださったと教えていただけるだけで僕はとても幸せになります。

アメリカでも沢山のラジオでもかけてもらって嬉しいです。そしてアメリカのおそらく一番メジャーなJazz誌のダウンビートにレビューも載りました。全部英語ですが頑張って読んでみてください。わからなかったらメールででもお気軽に質問くださいね。なかなか厳しいレビューが書かれることも多いこの雑誌でとりあえず好意的なレビューをいただきよかったです。

あと最近の出来事といえばクイーンズの家の割と近くに安い映画館を発見していってきました。
平日は6ドルです! マンハッタンだと15ドルぐらいはするのでかなりお得。
外も中も古くぼろいですが味があって素敵です。

IMG_0705_f.jpg

見たのは『EMPEROR “終戦のエンペラー”』終戦時の天皇の戦争責任の追及をめぐるサスペンスで、内容はどこまでが実際におこったことでフィクションなのかはわからないのですが、知らなかった事件や背景も描かれていて面白かったし、事実はだったんだろうと想像は膨らみ考えさせられます。

ただあまりアメリカでは人気の出なそうな映画で、上映の始まった週の土曜日にも関わらず、お客さんは少なくしかもお年寄りばかり。
彼らは戦争で日本と戦ったんだろうなと、すこし敵地に迷い込んだような気分になりつつも、おばあちゃんに微笑まれてホッとして映画館を出ました。

そしてインド料理も食べ、

IMG_0697_f.jpg

この店は菜食主義専用のインド料理屋さん、肉はありません。
クレープみたいなDosaってやつがとてもおいしい!
インド料理といえばジャスミンライスですが、こんなのを発見!ジャズメンライス!

IMG_0703_f.jpg

JAZZだ!

一応落ちがついたところでこの辺で。
また書きますので気長に待っていてください。
お楽しみに!