NaruそしてUeda Joint

静岡から戻った翌日は東京のお茶の水のナル。
毎回日本に帰る旅に出演させていただいている大好きなお店です。
この日はたくさんのお客さんに来ていただき満員御礼!演奏もさすがにツアーも終盤で一体感がより感じられた。
ベースの高道晴久氏も遊びに来てくれて酔っぱらってご機嫌。
飛び入りで一曲弾いてもらい久しぶりにバンドでセッションできて嬉しかった。
写真はオーナーの成田さんに右端でボケて写っているのは高道氏。
P8065059.jpg
そしてナルの終わった後はそのまま次の日ライブのある長野県上田市まで移動。
午前3時過ぎ、泊めていただいたトシゾウさん宅に到着。遅くの到着にも暖かく迎えてくださりありがとうございました!結局5時ぐらいに就寝。
翌日は今回のツアー最後の上田ジョイント。去年に引き続きの出演。
とても若い力に溢れた、とても個性ある素晴らしく熱いフェスティバルです!
P8075219.jpg
ライブ会場は上田城の目の前です。一応殿様の家系の直系であるらしい二本松、やはり城が似合う。
P8065095.jpg
午前中からサウンドチェック。そんな山田。
P8065076.jpg
まだ眠い津川。
P8065068.jpg
学校の先生のような小森。
P8065072.jpg
こんな感じでいろいろなおしゃれなお店もたくさん周りにでて楽しい。
P8075221-m.jpg
このフェスティバルの生みの親、トシゾウさん。10年前、ゼロからこのフェスティバルを作り上げたこの人のバイタリティーは本当にすごいと思います。
今回も本当にお世話になりました、いつもありがとうございます!
P8065145.jpg
上田の街は城下街の雰囲気の残る素敵な街。
P8075216.jpg
そこらを撮影中のミスターマミヤ6、阿部。
P8075185.jpg
ライブは一時間あっという間のステージでしたが、いつもライブハウスでやるのとは違うエネルギーが気持ちよかった。このメンバーで出演させていただけたことに本当に感謝したいです。
その日のトリはデルマーブラウン。ピアノの弾き語りでお客を引き込むそのエンターテイナーぶりはすごかった。
お客さんも楽しそうだったし、もっとああいう風に一人でもお客を引き込んでいけるようになりたいと良い刺激になった。
こんないろいろな個性な、ある意味マニアックな音楽が聴ける、しかも入場料無料のフェスティバルなかなか他にはないと思います。まだ未経験のかたはぜひ来年行ってみてください。
P8075249.jpg
ツアー最後の演奏を終え黄昏れるメンバー、少々疲れ気味。おつかれさま!
img257-f.jpg
この日もこの後東京へ帰る、見事に渋滞にハマる。。
こんな感じで今回のツアーは終了。
今回音楽的にもたくさん収穫もあり、これからの課題もたくさん見つかり、とても実りがあるツアーでした。
このバンドのメンバーとはこれからも長くお互い高め合っていきたいなと今回あらためて思いました。
こんなご時世にもかかわらず各所たくさんのお客様に聞きに来ていただけてとても感謝しています。
どうもありがとうございました。
まだ次回の予定は未定ですが、その時はもっといいライブをお届けしますのでみなさんこれからもぜひ応援してください。
とりあえず今回のツアー記はこれで終了です。
それではまた次回!

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *