Kitanoギグ終了

どうもこんにちは、今回は意表をついて早めの更新です。
先日はKitanoでのギグ、無事終了しました。
多くの暖かいお客さんに囲まれてとても幸せな時間でした。ありがとうございます!

演奏はどうだったかというと、
とりあえずめちゃめちゃ楽しかったです!

PianoのJon CowherdとドラムのFerenc Nemethは両者ともまったくの初共演で当日の昼間のリハーサルで初めて演奏したのですが、両者そしてbassの中村やすしも感動的に譜面が強くしかもそこに彼らなりのテイストを勝手に追加してくれていきなり初めてとは思えないすごい演奏。
なによりみんな僕の曲たちを愛を持って演奏してくれました。
PianoのJonはそれこそずっとBrain BladeのCDでずっときいていた人ですので、その人と一緒にできて一つ夢が叶ったようで感慨深かったです。しかもすごくいいひと!

今回新曲もたくさんやってみて、またCD第二弾もそろそろ作りたいなと創作意欲がわきます。曲はたまって来てるのであと必要なのは$予算だけか?!

来週はとあるレコーディングがあり、これまた夢のような共演があるので楽しみです。
またそのことは後日お知らせします。ではまた!

写真はメンバーみんなでパシャリ、左から、自分、Jon, やすし、Ferenc.

4 Comments

  1. SECRET: 0
    PASS:
    更新の速さで興奮度合いがわかります。このメンバーで日本ツアー、ぜひ!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    Jon Cowherdってブライアン・ブレイドの「Season Of Changes」
    のピアニストですよね??Kurt Rosenwinkelのギターも素晴らしいけどピアノの素晴らしいですよね〜〜〜!!
    そんな人々と競演できる阿部君は凄い!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    frankjusoさん、そうですね、そんな日本ツアーできたら最高です。

    あきぴょんさん、そうです。そんな人とのとても嬉しい共演でしたよ。

  4. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。

    Jon Cowherdを辿って来ました。
    共演なさったんですね!素晴らしい!!
    マーシャル・ギルケスの1stアルバムの演奏を聴いてから、
    彼のファンです。
    B.ブレイドでの演奏は、ペダル多めのメロディックな演奏ですが、
    M.ギルケスのCDではシンプルで、骨太な音がとにかくカッコ良くて、大好きです!!
    こちらでのギグでは、どんな演奏でしたか。
    是非、教えてください。

    突然の訪問に失礼致しました。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *